佐藤小児科

大阪府堺市中区堀上町の小児科,深井駅【佐藤小児科】

〒599-8261 大阪府堺市中区堀上町123番地
TEL 072-281-0215

6か月調査が論文になりました

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

子どもの喘息と包茎について

アトピーの子どもは喘息になるのか?
包茎にステロイドは必要か?


 病院に行くとアトピーの子どもは喘息になるからね、と言われた方多いですよね。アトピー素因はいわゆる体質で、これはなかなか変わりません。そのアトピー素因を持っている人に、アトピー、喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎として症状が出ることがあります。しかし全員が発症するわけではありません。
 将来の事は、その時に考えればいいじゃないですか。
今出来ることから始めてください。
 まず第一に、煙草は必ず家の外で吸ってください。換気扇の下、別室等駄目です。家の中では絶対吸わないこと。(もちろん、健康のため、お金の節約のために禁煙をお勧めします。たばこを吸っている人の7人に1人が、将来、慢性の呼吸障害になるそうです。インターネットの禁煙マラソンに参加するのもかなり成功率が高いそうです)
 第二に、布団は1週間に1回表裏干して、掃除機で吸ってください。
 第三に、新たにペットは飼わない。
 最後に絨毯等は出来るだけ置かない。フローリングのままにしておく。これらの事は以前、羽曳野病院での研修で教わりました。
 これに加え、鍛錬も大事です。0歳後半になれば、お風呂から出る直前に、洗面器一杯の水をかぶせてください。昔からの冷水浴です。この年齢での鍛錬はこれ位しかありません。

子どもの喘息のガイドラインにエビデンスはあるのでしょうか?

 2008年10月、堺アレルギー研究会の講演会で、講師が「エビデンスは無い」とはっきり断言されました。この講師の先生はガイドライン作成に携わっておられる先生です。  
 ガイドラインは、確かに毎年変わっています。5年前のガイドラインがどうだったのかは覚えていませんが、そのガイドラインはどうなったのでしょうか。今のガイドラインが正しいものかは、何十年もしてから結論が出ることになるのではないでしょうか。今のガイドラインがそのまま残っていればの話ですが。

乳児喘息に対して早期にステロイド吸入を開始したら、喘息にならないのでしょうか?

 2008年8月、外来小児科学会の「EBM(証拠に基づいた医療)を喘息診療に生かす」というワークショップに参加しました。そこで、0歳から3歳の子どもに吸入ステロイドを超早期に始めた3つの論文を読みました。
 外来小児科第11巻第4号によると、「3論文共に、ステロイド吸入を行っている間の治療効果はみられる(それについてもある程度長期になってからしか有意差が出ない)が、吸入終了後の気管支喘息発症には予防効果は見られないというものであった。」と書かれています。0歳から3歳という超早期からステロイド吸入を始めているのです。呼吸機能も測れない子どもですので、効果判定は症状があるかどうかということで判断します。また、この3論文にはRSウイルス感染症による喘鳴は除外されている論文もありますが、ガイドラインではこれも喘息とされています。

ステロイド吸入には副作用は無いと言われた方多いと思います。本当にそうでしょうか?

 フルチカゾンという吸入ステロイドがあります。メーカーは吸収は殆どされないと言っています。一度「どれだけ吸収されるのか?」と、メーカーに聞きました。「17%」という答えでした。
 フルチカゾンを使った先ほどの3論文の内の一つでは、2年間吸入すると、最初の1年間で身長の伸びが悪いという副作用が出、残りの1年間で少し取り戻しますが、吸入を止めて1年後にもまだ元に戻らなかったという結果になっていました。また、吸入を止めた1年間で臨床症状は急速に悪化し、ステロイド吸入をしてこなかった子どもと同じになりました。
 また、2008年ガイドラインから、吸入器で吸入できるブデソニドが登場しました。この添付文書によると、「その他の注意」の項目に、「6ヶ月~4歳の日本人気管支喘息患者軽61例を対象とした国内の臨床試験において(対照群なしのオープン試験)、投与96週までの評価で肺炎が計9例、気管支肺炎が6例に報告されている」とあります。「重要な基本的注意」には「突然中止すると喘息の急激な悪化を起こすことがある」とか「高用量を長期間投与する場合には、副腎皮質機能が低下する可能性があるので、定期的に検査を行うことが望ましい。」とか色々書かれています。これは、アトピーの時のステロイド外用剤とよく似ていませんか?

 第21回日本アレルギー学会春季臨床大会で、吸入ステロイド賛成派、反対派に分かれ討論が行われました。以下はその概要です。
 Medical Tribune2009年7月23日号によると、「年齢群別に発症早期からの吸入ステロイド導入の有用性を検討したSTART試験(発症後2年以内の軽症持続型喘息患者約7000例対象のプラセボ対照無作為化試験)では小児(5~10歳)、青少年(11~17歳)、成人(18歳以上)別の3年間の予後追跡で、強い喘息発作を初めて自覚するまでの期間や、全く症状がない期間は吸入ステロイド投与群で有意に長いことが認められた」が、追跡3年目で検討した呼吸機能の1秒率の低下については、小児と青少年では吸入ステロイドを使わなかったプラセボ群と比べて差は無かったと書かれています。
 反対派の根拠は、小児科領域では前に書いた3論文の2つが紹介されています。1つは2年間吸入して1年経過を見る先ほど書いた論文です。もうひとつの論文についても、「喘鳴が3日以上持続した乳児に吸入ステロイドで早期介入してものちの持続性喘鳴の発言を抑制できない」とMedical Tribuneには書かれています。また、吸入ステロイド使用しても「最近の欧州での予後観察研究では、9年間における寛解は成人喘息例では11%台で、吸入ステロイド導入の有無とは関連なしと指摘された」更に、「吸入ステロイド普及以前の予後観察研究では成人喘息患者の25年間の治癒率はやはり11%台と報告されており、吸入ステロイド時代前後で研究結果は全く同様だった」と書かれています。また、START試験で、「5年間のフォローアップ研究では吸入ステロイドのみの投与では呼吸機能の予後に影響しない」「重篤発作例では呼吸機能低下の抑制に意義があるとしても、重篤な発作がない症例では呼吸機能の予後に何ら影響しない」とも書かれています。

諸説紛々:どうすれば良いのでしょうか?

 結局、吸入ステロイドを使わずに臨床症状をコントロールできれば良いのではないかと考えています。低年齢の子どもでは、臨床症状でしか判断できないのですから。昔からの鍛錬療法、環境整備、ステロイドにすぐ走らずそれ以外の薬剤療法を行っていくことを実行しています。

えっ!赤ちゃんの包茎にステロイド?

 ハッピーノート2009年夏号の中の記事に「包皮を少しむいてもらい、ステロイド入りの軟膏などを塗る方法が一般的になってきています。毎日続けると、だんだんと包皮が軟らかくなり、むけやすくなります」と泌尿器科の先生が書かれています。
 以前、大阪府立母子保健総合医療センターの泌尿器科の先生の講演を聞いた時、5~6年前は、4~5歳になれば包皮が薄くなるので、その時にむいたら良いと言われていたのに、1~2年前にはステロイドを塗ると言われていました。
 何故このように変わったのでしょうか。包茎は湿疹でもないし、炎症の「え」もありません。
 数種類のステロイド添付文書を見ましたが、包茎は適応としては入っていません。ステロイドを塗り続けると、副作用で皮膚は薄くなっていくのでむきやすいのでしょうか。
 このホームページを見ておられるお父さんたちにお聞きしたい。「あなたたちは包茎をどうやってむいたのか?」恐らく、思春期にご自分で実行された方が圧倒的に多いのではないかと考えています。

何故、このように適応もないのに使われるのでしょうか?

 大阪保険医雑誌2009年6月号に面白い記事があります。
 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)の浜六郎医師の「くすりの「不確実性・混沌」をどう扱うか―医薬品情報が氾濫する中で」という記事です。
 その中で、「医療の基本となる重要な薬剤は、1990年までにほとんどが開発され尽くされた。(中略)1960年代に強化した規制のもとでは新薬の承認取得が困難となってきた。そこで、1990年代以降、企業や行政側は逆に規制緩和に乗り出すようになった」 
 その結果、企業の戦略は「データ操作、対象患者の拡大―ガイドライン操作、各界(官・学・メデイア・患者組織)への資金提供―人を操作、不都合なデータは公表しない―情報操作」に向かっています。
 この中で、「既存薬剤」に対する対象患者の拡大は「現在最も手っ取り早い方法」と書かれています。
 「薬剤に期待する効果は多くの場合「一つ」であるのに対して、害は極めて多岐にわたる。たとえば[ステロイド剤。]多数の疾患に用いられるが、薬剤としてステロイド剤に期待されている作用は、抗炎症作用(免疫抑制作用)である。しかし、添付文書を見れば、副作用欄に記載されている症状・病態の多彩さに改めて驚かされる。(中略)これらの害は[不確実]どころか、[確立した]情報である。」「これら薬剤の害を知り、疑うかどうかが、患者に生じた害反応を早期に気付いて防止できるか、漫然と見過ごし死亡に至らしめるかの分かれ道となる」と書かれています。
 結論は「薬剤に不確実性はつきものである。しかし、それ以上に存在する確実な情報を重視する不断の努力が必要である。その効力には確実な根拠が必要である。ガイドラインなどで一般に根拠ありとといわれていても、本当に根拠があるのか疑問を持って調べる努力が必要と考える」と述べられています。

 これを読むと、分かってきます。何故なのかということが。

自分で調べて、納得のいく治療を受けましょう

 色々なことを書かしていただきましたが、後悔しないためには、医師に勧められても鵜呑みにせず、自分でとことん調べて、納得のいく結論を出してください。
 このプロセスにとことん付き合ってくれる医師に出会えたらいいですね。
atopicのホームページにステロイドを使わない治療を医師にお願いする時の文書の雛型が載っています。ご利用ください)