佐藤小児科

大阪府堺市中区堀上町の小児科,深井駅【佐藤小児科】

〒599-8261 大阪府堺市中区堀上町123番地
TEL 072-281-0215

6か月調査が論文になりました

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

アトピー性皮膚炎、乳児湿疹の治療について

ステロイド「使いたくない」患者-子どもで71%!

 2014年2~3月、アレルギー疾患の治療実態について医師・患者両面から大規模調査を厚労科研・アレルギー疾患対策の均てん化に関する研究班が行いました。
http://reports.qlifepro.com/allergy2014/dermatitis/
 有効回答は医師1,052人(15%)、患者8,240人でした。

 すると、ステロイドを「使いたくない」患者が多数派で、患者の65%:成人で59%、小児で71%の方が「使いたくない」という結果でした。以下が結果です。

①いまだにステロイド「使いたくない」患者が多数派

診療ガイドラインでは、皮膚症状の程度に応じた適切なランクと使用量を具体的に示して、ステロイド外用剤の使用を推奨しています。症状がある場合には、ステロイド外用剤による治療が必要です。
ところが実態(※)は、患者の65%(成人で59%、小児で71%)が、ステロイドを「使いたくない/どちらかというと使いたくない」としています。

 
②外用剤を「できるだけ薄くのばす」方がよいとの誤解が多い

診療ガイドラインでは、これを推奨していません。なぜなら外用剤は治療段階に応じて適切な量を使用することが重要であり、「できるだけ薄くのばそう」とするのは使用量が減ったり変動するため、望ましくありません。
ところが実態(※)は、医師の23%がステロイド薬を「できるだけ薄くのばして塗るよう指導」し、患者の56%も医師からそのように指導されていると回答しています。

 
③1割が「入浴時の石けん不使用」

診療ガイドラインでは、石けんの使用が皮膚症状を悪化させるとは考えておらず、標準的には石けん使用を禁止していません。
ところが実態(※)は、医師の8%が「入浴時の石鹸使用は皮膚を悪化させるので禁止」しており、患者の12%(成人で12%、小児で12%)も「入浴時に石けんを使用しない」よう主治医から指導を受けているようです。ただし成人の29%、小児の33%は、診療ガイドライン通り「石けんを使用する」よう指導されています。

 

 この結果をみて、ステロイド治療する医師は「バイアスがかかっている」と言っています。ネットでのアンケートなので確かにその通りです。しかし、どういう患者がこれに回答したかを考えると、ステロイド治療する医師たちから、あるいはステロイドを推奨する患者団体から情報を得た患者たちと考えるのが普通ではないでしょうか。
研究班は実際アンケート結果をみて恐らくこんな結果になるとは思っていなかったのではないのではと思います。 

それではこの研究班の構成をみてみます。

 この研究班には、成育医療センターから4人の医師・研究員、相模原病院から3人の医師、その他の病院等から3人の医師が参加しています。これらの諸先生方は、勿論ステロイド治療最先端の先生方だということは言わずもがなでしょう。
 患者代表として、日本患者会情報センター代表 栗山真理子さんが入っておられます。
http://www.kanjyakai.net/about/guide.htmlをみると、「東京大学医療政策人材養成講座1期生有志が中心となり立ち上げた」と書かれています。
しかし、研究・活動実績は2007年10月~以降記載はありません。
日本患者会情報センターニュースも2013/2/20以降ありません。(2015年12月現在)どういう活動をしているのでしょうか?
2年半も活動報告を出していない患者団体だということです。
 更に、栗山さんはNPO法人アラジーポット専務理事をされています。2人の子どもにアレルギー疾患があったことから、学校でのアレルギーの正しい理解のための社会基盤の整備を目指し2002年にアラジーポットを設立したと記載され、同時に、国立成育医療研究センターでは患者の立場で共同研究員となっています。
アラジーポットと検索するとhttp://www.jaanet.org/patient/meet/日本アレルギー協会が出てきました。
この中では7つの患者会が紹介されています。アラジーポットもそのうちの一つです。すべての患者会が、ガイドラインを広めるという患者会です。

 アンケートに受診している病院の記載欄があれば、もっとはっきりわかったのではないでしょうか。

 結論はステロイドは支持されていない治療だと言えます。

 そうすると次に考えるべきことは、今の治療法が受け入れられないのは何故かという問いだと思います。
 最近は、マスコミも一丸となって標準治療の宣伝に明け暮れているのは周知の事実です。今から20年以上も前の久米宏のニュースステーションの話など、今の患者たちは知りもしない。
日本全国での講演会も、メーカーがお金を出している場合も多々あるわけですが、「1FTUを手のひら2枚分」「ティッシュを張り付けて落ちないぐらいにたっぷりと」を宣伝しているのにもかかわらず、使いたくないという患者が多いのは何故か?ということを真摯に考える必要があるということです。

 2番目の塗り方の問題ですが、8月の外来小児科学会での一般演題で成育の先生が、患者のステロイドに対する不安度調査をしたという報告をされました。不安の中身は「副作用」と「塗りすぎているのではないか」ということだそうです。(この件は改めて報告します)
 1日3回この塗り方で塗ると、3~6か月の赤ちゃんなら(全身に塗る―湿疹が出てないところにも) 1回3g1日9g 1週間だと63gという途方もない量になります。5gのチューブを12~3本、1週間で使うという塗り方です。1か月塗ると50本になります。大きい子なら、もっとたくさんのステロイドが必要です。日本全国たくさんのステロイドが処方されると、どこに利益が入るか?

 1か月ぐらいしか塗ってないのに止めたら悪化する赤ちゃんを診ていると、ステロイドの副作用が出ない素晴らしい塗り方なのかと心配になります。

 3番目の「入浴時の石鹸不使用」ですが、ステロイドを使う場合はしっかり洗って汚れを取り、その上からステロイドを塗るというのが恐らく正解でしょう。
 しかし、ステロイドを塗らない治療をする場合は、皮脂を落とさない、かさぶたを落とさないことが重要なんです。
 その点に違いがあります。
 お風呂も毎日入り、石鹸できれいに洗うということが始まったのは、内風呂ができてからです。それまではお風呂屋さんへ行っていました、お金を持って。
毎日行きません。人類の歴史を考えても、今の事態はもしかしたら異常な事態なのかもしれません。お風呂に入らず、石鹸も使わないという環境になじんだ皮膚にとって。
 さらに最近は医師の間でも、石鹸を使わない洗い方を患者に勧める先生も目立つようになっています。

 ステロイドを使いたいという患者は、実は少数で、使いたくない患者が多数派です。私は、ステロイドを使いたくない患者には、使わない治療をし、できなければ治療できる病院に紹介することを望んでいるだけです。決して、ステロイドを強要することはしないでほしいと願っています。

 

アトピー性皮膚炎、乳児湿疹の治療について

ステロイド外用剤はつかわない

 ステロイドを長期的に使う効果や安全性は確認されていません。アメリカではステロイドの副腎抑制という副作用の点から、弱いとされるアルメタ軟膏でも1歳未満にはすすめられず、また、3週間を超えた使用は安全性が確立されていないとの但し書きがあります。日本ほど小さな赤ちゃんにも、長くたくさん使われている国はないのではないでしょうか。10年間塗ってきたという中学1年生の子どももいます。治す薬ではないという証拠です。

乳児湿疹は自然によくなる

 0歳に多い乳児湿疹は1歳の夏にはよくなります。アトピー性皮膚炎も乳児期には顔に出る乳児湿疹という出方ででます。本当にアトピー体質かどうかは経過を見ないとわかりません。顔の湿疹はひどいと全体がじくじくし、滲出液がぽたぽた落ちる赤ちゃんもいます。体もガサガサになる時もあります。しかし、季節が夏に向かい、しっかり食べるようになると、急速によくなっていきます。1歳の夏には必ずよくなります。ステロイドを使わなければ、その副作用を心配しなくていいですよね。


ステロイドの副作用は?

 ステロイドは絶対使わないでとお願いしています。ステロイドは治す薬ではなく、炎症を抑える効果が非常に強い薬で、そのために湿疹に使われています。やめるとまた出るので繰り返し塗ったり、効きが悪くなったり、やめるとリバウンドで治療前よりも非常に悪い状態になります。また塗りつづけると成人型アトピーといわれる状態になってしまう人もいます。成人型アトピーは皮膚がステロイドがないとやっていけなくなっていて、麻薬中毒のような状態と考えられます。やめると、禁断症状がでます。もちろん、ステロイドを使っても一生何もない人もいます。しかし、塗って大丈夫だということが、塗る前にはわからないのです。
 リバウンドはステロイドをやめるからアトピーが悪くなる、成人型アトピーは治りにくいアトピーだとたいていの医療者は考えています。やめるとリバウンドを経て、軽快していく姿をみると、その考えは間違っているとはっきり言えます。
 ステロイドを塗ってよくしないと、とびひになる、ヘルペスになるといわれた方もいると思います。しかし、それはステロイドを塗ってもよくならない方をみているからです。ステロイドを塗りつづけると皮膚は薄くなり、皮膚の免疫も低下しているので、ステロイドを塗っている、塗っていた方に多いと感じます。ステロイドを使ってない方にも感染症が起こる方もいます。でも、感染症の薬もあるし、ステロイドを使う根拠にはなりません。


食物アレルギーは無関係

 アレルギーがアトピーの原因と考えられている方は多いですね。血液検査をして、食物制限を指示する医療者も多い。沢山アレルギーが出てしまうと、食べさせるものがなくなってしまう場合もあります。食べてる蛋白質は2~3のみという方もいます。食物がアトピーの原因だというエビデンスはありません。そんな簡単なものなら、制限したらすぐ治らないとおかしいとは思いませんか?こんなにみんな苦労しませんよね。
 食物アレルギーは摂取するとすぐ反応がでるので、検査しなくてもわかります。たいていはじんましんででます。鯖を食べてじんましんがでる、そばを食べてショックが起こる。じんましんも全身にでます。口のまわりだけ荒れたり、じんましんがでるのは、接触性のもので、全身にでなければ食べても大丈夫。少しづつ食べさせて反応をみていけばいいのです。
 しっかり食べるようになると皮膚もよくなってきます。皮膚をよくするのは蛋白質やカロリーが必要なので、食べないと良くなりません。
 アトピー性皮膚炎の原因はわかっていません。


かいても大丈夫

 湿疹はかゆい。かかさないように必死になっている方。ちょっと待って!蚊にかまれてかかない大人はまずいません。子どもはもっとがまんできません。かくと怒られるので悪循環。怒られると、かける時におもいっきりかきます。血が出る、ジクジクなるまでかく、意地になってかく。傷がいっぱいできます。あ~悪くなったと落ち込んでしまいます。子どもがかいていると腹立たしくなります。
 自由にかかしてください。自由にかかすとほどほどにかくことができるようになります。意地になってかきません。怒らなくてすむと、お互いに気持ちが楽になります。かいたらあかんと口では言わなくても、目でにらんでたら駄目ですよー。爪はまめにきってくださいね。


プロトピック軟膏は使わない

 2歳以上の子どものアトピーにも承認されていますが、もともとは免疫抑制剤で、ステロイド以上に危険な薬といえます。投与に際しては発癌性の説明と同意が必要なことが添付文書に明記されています。


ほかにもはいっているステロイド

 ステロイドは軟膏だけでなく、耳鼻科の吸入や点耳薬や点鼻薬、眼科の点眼薬などにも含まれているものがあります。鼻かぜや副鼻腔炎でデキサメサゾンやセレスタミンなどのステロイドの飲み薬を出された方もいました。
 どういう薬かもし分からなければ、遠慮されずにお尋ねください。


気楽にいこうよ、アトピー性皮膚炎

 これを読んでいただいて、少しお気持ちが楽になっていただいたらそれで充分。アトピー性皮膚炎の御相談は通常の診察時間内ではなく、別枠で1時間以上とっています。ご希望なら電話でご予約ください。