佐藤小児科

大阪府堺市中区堀上町の小児科,深井駅【佐藤小児科】

〒599-8261 大阪府堺市中区堀上町123番地
TEL 072-281-0215

6か月調査が論文になりました

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

本が出ました

本が出ました

患者に学んだ成人型アトピー治療、脱ステロイド・脱保湿療法

患者に学んだ成人型アトピー治療、脱ステロイド・脱保湿療法

出版社 つげ書房新社
著者 佐藤健二
値段 2,000円(税別)

佐藤健二先生は本の中で次のように述べています。
「本書は主として入院による脱ステロイド脱保湿療法について述べたものである。本療法は、外来通院でも可能であるが、重症になると入院した方が良い場合が多い。入院治療を行うには、専門的知識を持つ医師の指導と、訓練された病棟看護師の見守りと、脱ステロイドに理解の有る呼吸器内科(喘息が問題となる)小児科、眼科(アレルギー性結膜炎、白内障などが問題となる)、耳鼻科(アレルギー性鼻炎が問題となる)、心療内科(うつ状態や精神的ストレスなどが問題となる)など他科との連携などが不可欠である。

 ステロイドを使いたくないといっている患者の行動を「ステロイド忌避(きひ:きらいさけること)」という言葉で皮膚科医などが表現していることについて一言述べたい。私の所で脱ステロイド脱保湿を行って一、二ヶ月経った頃に「すべての外用を中止すれば一ヶ月ちょっとでこんなに痒みが減り、皮膚がよくなってしまった。私はこの10年間、一体何のために皮膚科に通いステロイドを外用してきたのかとつくづく思う。皮膚科へ行けば『きちんとステロイドを塗ってないのと違うか』『もっと真面目に治療せなあかん』などと怒られっぱなしだった。きちんと塗ってもいたし、言われた通りに保湿もしてきました。医師は私の言うことを信じてくれませんでした。だから、時には民間療法にも高いお金を使っていました」と言う。そして、「腹は立つけど医師に直接文句は言いにくいです」と言って自分を慰めている。忌み嫌われているのはステロイドであろうか、それとも患者の訴えを聞くことができず皮疹の変化を認識できないステロイド一点張りの医師なのであろうか。ステロイドの新しい副作用を認識できずまたその副作用の治療を知らない皮膚科医は、ステロイド外用剤を上手に使用する専門医とは決して言えない。」

 成人型アトピーが大きな問題になっている今、佐藤健二先生はその治療法を明快に示しています。患者がステロイド治療に費やした年月に対して誰が責任を取らなくてはいけないかも明らかにしています。これはAIDSやC型肝炎にも共通する問題です。成人型アトピーを増やさないために、子供へのステロイド治療を避けることが不可欠と考えます。皆様のご感想をお聞かせください。

 

生活クラブの「本の花束」で推薦されました

生活クラブ 本の花束 2011 2月配達号

赤ちゃんや子どもの時にステロイドを塗らないことが大切です。
生活クラブ 本の花束 2011 2月配達号 佐藤健二さん

成人型アトピー性皮膚炎とは、本来のアトピーにステロイド依存性皮膚症を合併したもので、年齢には関係なく発症します。ステロイド外用剤による治療が主流のなか、佐藤健二先生は一般とは異なる治療法を提唱しています。「脱ステロイド十脱保湿療法」とは?

アトピー治療の常識を覆すようなお話をうかがいました。

大人になってもアトピー性皮膚炎に苦しんでいる人が増えていますね。
アトピーは小児の20%がかかる病気ですが、多くの人は2歳までに、それ以外も含め85%は成人までに自然治癒していた時期がありました。ところが、今は治りにくい人が増えています。それはなぜか?
まず、アトピーと食物アレルギーは全く違う疾患です。合併していても、食物アレルギーでアトピーが悪化することはほとんどありません。小麦粉、卵、牛乳などが悪者扱いされ、食事制限で苦労された方も多いと思いますが、実はこれには根拠がないのです。血液中のIgE値が高いことがその理由とされましたが、アトピーが改善してもIgE値は変わらないのです。
私はステロイド外用剤(塗り薬)が原因の一つと考えています。アトピーで皮膚科を受診すると、ほとんどの医師がステロイドを処方します。日本皮膚科学会がガイドラインに示しているからで、ステロイドで早期に症状を抑え込もうとするのです。確かに、ステロイドは炎症やかゆみに効きますが、よくなったからといって塗るのをやめると、途端に皮膚が真っ赤になる。塗布し続けないと皮膚が正常に機能しない、ステロイド依存という副作用を起こすことが多いのです。
私たちは、このステロイド依存を伴うアトピーを「成人型アトピー性皮膚炎」と呼んでいます。「成人型」といっても、患者は大人だけではありません。これが治りにくいアトピーの正体です。しかし、ほとんどの皮膚科医はこの状態を見ても、重症のアトピーとしか考えないのです。
また、少量の使用でも依存が起こり、再発が多いのもステロイド治療の特徴です。1、2歳のときに一時的に使ったきり、何年も何事もなく過ごしていたのに、20代になって再発した人もいます。治ったら、二度とステロイドを使わないことです。

アトピーを治すはずの薬が、かえって治りにくくしているということですか?
ほかの要因も多少はありますが、明らかに薬害といえます。多くの患者さんが、ステロイドをやめることでよくなっているという事実が、それを証明しています。

先生が提唱する脱ステロイド療法は、これまでとはまったく逆の治療法ですね。
少しずつステロイドの使用量や回数を減らすことから始めます。ステロイドをやめるとリバウンド(離脱症状)が起こるので、その間はとてもつらいんです。
痛い、かゆいなどの身体症状だけでなく、本当に治るのかという不安やストレスも大きく、精神的なサポートも欠かせません。また、成人型では多くの場合、保湿依存も合併しています。保湿は、ステロイドを使っていなければ効果的な治療法ですが、ステロイドを使っているなら保湿もやめたほうがいい。約1カ月で化学物質としてのステロイドはからだから抜けていきますが、ステロイドの影響は残るため、気長に1、2年かかるつもりでいたほうがいいでしょう。確実によくなりますから、強い気持ちを持ってください。なお、症状によっては入院したほうがいいケースもありますが、呼吸器内科や小児科、眼科などとの連携が不可欠です。

その間、運動をしても大丈夫ですか?
アトピーは精神面の影響も大きく、好きなことをしているときは、症状があまり出ないものです。高校や大学の受験、国家試験などがあるたびに症状がひどくなり、終わった途端、さあーっと消えてしまう人もいます。皮膚を強くするには、バランスのよい食事をとり、運動などでからだ全体を丈夫にすることも大切です。

ステロイドを使わない治療を受けるにはどうすればいいですか?
残念ながら、脱ステロイドに対する医療側の理解は低く、ステロイドを使わない医療機関は少ないのが現状です。脱ステロイドを勧める医者は、まるで霊感商法のようだとか、親がステロイドを拒否すると、育児放棄だ、虐待だと責められるという声も聞きます。「子どもがかわいそうだ」と。目先の一時的な症状の改善と根本的な治療のどちらを選ぶのかを考えてほしいですね。
「インフォームドコンセント」という言葉がこれほど浸透し、たとえば、がんなら、抗がん剤を使うか、使わないかについて医師から説明があり、患者が自分で治療法を選択できるようになっているのに、ステロイドの場合、なぜそれができないのか。皮膚科学会はどう説明するのだろうと思いますね。アトピーの患者団体atopic(アトピック)のHPでは、「インフォームドコンセントのために」という文書を掲載していますので、受診の際、ぜひ活用して、意思表示をしてください。私たちはいろいろな方法で脱ステロイドの考えを広めていきますが、患者さん側からの働きかけも大きな力となりますから。

アトピーでつらい思いをしている多くの人たちに、ぜひ伝えたい情報ですね。貴重なお話をありがとうございました。

 

ステロイドにNOを!赤ちゃん・子どものアトピー治療

ステロイドにNOを!赤ちゃん・子どものアトピー治療

院内で1,500円(税別)のところ、1,429円(税別)で販売中

今まで阪南中央病院皮膚科と協力して赤ちゃんや子どものアトピーにステロイドを使わない治療をしてきました。この本はアトピーと言われた時に、出されたステロイドを塗る前に手にとってほしいという願いを込めて出版させていただきました。ステロイドを使わなかったあるいは止めたたくさんの赤ちゃんや子ども、そして彼や彼女らのご両親たちがこの本の中にいるのです。決してあなた一人ではありません。「ステロイドにNOを!」

佐藤小児科にアトピー相談で受診希望の方はできるだけこの本を読んで来ていただいたら助かります。

 

毎日新聞社 月刊『毎日夫人』 2011年3月号 P21知って得する健康の話

毎日新聞社 月刊『毎日夫人』 2011年3月号

[アトピー性皮膚炎] Health Information

たいていの病気の治療には「標準治療」があります。科学的なデータに基づき、多数の医師たちが一定の効果を認めたものが標準治療です。
アトピー性皮膚炎の標準治療は、ステロイド外用剤の使用、抗ヒスタミン剤の服用などです。これに異論はありませんが、ステロイド外用剤の使用をめぐっては、いまなお「使うと逆に治りが遅くなるのでは」という声が根強くあります。
ステロイド外用剤の使用を疑問視する医師たちは少数派に属し、標準治療とは異なる治療を行っていますから、そこをどう考えたらよいかという難しい面があります。
ステロイドを使わずに治療をし、「赤ちゃん・子どものアトピー治療」(子どもの未来社・1,500円(税別))を出した著者の一人、佐藤美津子・佐藤小児科院長(堺市)を訪ねてみました。
親子3組の患者さんにも来てもらいました。どの子どもたちも、顔の湿疹は見るに忍びないほどひどかったそうですが、いまはすっかりきれいになっています。親たちは「ステロイドを使ったことがよくなかった」と体験から言っています。
0歳児約440人の患者を調べた佐藤さんは、ステロイド外用剤を使っている場合の再発率が18%なのに対し、使っていない場合は4%と低かったと言います。治る日数でも、使わない方が結局は短いと言っています。
世間では卵、牛乳、大豆、チョコレートなどがアトピーの原因かのようにいわれていますが、佐藤さんは「食物アレルギーはじんましんとは関係しますが、皮膚の症状であるアトピー性皮膚炎とは関係ありません」ときっぱり。
「粉ミルクはよくない」という考えも流布しているようですが、佐藤さんは「間違いです。アトピーで入院する子どもは母乳で栄養不足の子が目立つ。離乳後、和食をよく食べて体重を増やすことが大事」と主張します。
佐藤小児科の治療例は、顔に赤い湿疹が出るような乳幼児の場合は必ずしもステロイドを使わなくても治ることを示しています。ステロイドに抵抗感をもつ親には勇気を与えてくれそうです。

 

からだに優しい!アトピーに優しい!出前料理教室の渡辺栄養士の本!

からだに優しい!アトピーに優しい!出前料理教室の渡辺栄養士の本!

院内で好評販売中

家の光協会のページ

アマゾンのページ